オリジナルポロシャツの利用【簡単に申し込みができる】

コンテンツ一覧

スウェットのあれこれ

カラーチップ

特徴と種類を知っておこう

秋から冬にかけてのマストアイテムといえばスウェットです。着こなししだいで秋から春にかけて着られるので、長期間着用する目的でオリジナルウェアを作る際のベース素材として重宝します。ちなみにトレーナーとスウェットは名前が違うだけで同じ物です。ただトレーナーは和製英語のため、外国でその名称を使ったところで通じません。そのため外国人向けも想定したオリジナルスウェットを作る時は、必ずスウェットの名称を添えてください。またスウェットは、クルーネックと袖と裾の部分がリブの切り替えになっている特徴があります。加えて襟元のガゼットがあるのが普通なので、こだわり派向けのオリジナルスウェットを作る時はその部分がしっかりあるかチェックしておきましょう。そのうえで、オリジナルスウェットを作る時は生地の素材選びにも気を使うべきです。スウェットの語源である汗を吸収しやすい綿100パーセントの素材を選ぶと、着心地の良さとプリントのしやすさの両方のメリットがなりたちます。これは洗濯のしやすさにも影響するので、オリジナルスウェットの素材を選ぶ時は必ず製品表示を確認して取り扱いがしやすい物を選びましょう。あと忘れてはいけないのが、スウェットに使われているジャージとパイル生地の伸びやすさです。プリントや刺しゅうを施す時は、その伸縮性を計算に入れてデザインするようにしましょう。ひとくちにオリジナルスウェット作りといっても、ただプリントや刺繍を入れればいいわけではありません。その特性をきちんと把握したうえで、それに合った扱いをしなければいい物はできないのでそのつもりで製作しましょう。

Copyright© 2018 オリジナルポロシャツの利用【簡単に申し込みができる】 All Rights Reserved.